ビンボーなカンカン仲間が「豪商」を目指して、とりあえず奮起はするブログですが、実態は「ナマケモノらのため、成功しないだろう」という内容。
RECOMMEND
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 販売先現地と生産地本国 | main | 爆売りにならない予想 >>
音沙汰ナシ

 某中国ネット販売サイトへの出店申請は受け付けられましたが、許可の可否の連絡が全く来ません。

 2〜3日後ということだったので2月2週目には来ていなければならないものが、4週目になっても音沙汰ナシ。

 一度、「申請が受付されたがその後どうなっているか」の問い合わせを送りましたが、こちらも音沙汰ナシ。

 カンカン仲間のようですね(タメ息)。

 

 確かにこの販売サイトも「手数料」をとらない。

 ではおおもとは何で利益を得ているかというと、「売れ筋」を大量購入して自分たちで販売しているのだとか。

 確かに、登録手数料からの利益などがなければ、ある程度の売り子が集まれば、もうそれ以上の登録はなくしてもやっていかれるのでしょう。もはやどうでもいいってか…。よくわかります(それ以外の理由があるやもしれませんが)。無駄なことして疲弊したくないもんな。

 

 それでは我々はどうすれば…。

 途中で止まっているタオバオワンの手続きを、夏休みにでも現地へ行って続けなければいけないというところでしょうか。

 

 ちなみにそのほかの地域への販売品の英訳は、明日にでもあがってきます。

| - | 19:25 | comments(0) | - | このページのトップへ
コメントする