ビンボーなカンカン仲間が「豪商」を目指して、とりあえず奮起はするブログですが、実態は「ナマケモノらのため、成功しないだろう」という内容。
RECOMMEND
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 誠実な商い | main | 音沙汰ナシ >>
販売先現地と生産地本国
 中国人が日本へ来て爆買いするのは決して、成金ぶりをひけらかそうというのでもなく、本当に欲しいんだと思います。変な言い方ですが。
 中国国内で売られる海外の商品は、関税をかけられ入るので高値です。
 都市部の人々が懐に余裕ができ、海外へ旅行した場合、中国国内で目にしていた品物が製品の本国で売られている場合、「安値」。為替の関係もあるでしょうが。
 
 そして、日本製品への信仰がまだ厚い(一応1行まるまるスペースをとりました)。
 
 ハイアールなど、現地にもまともな家電製品がたくさんあるのに、電圧の違う日本製品をわざわざ買って帰る。なんだか信じられないでしょう。
象印の炊飯器を買って、日本語の表示がイマイチわからず、ごはんが炊きたいのに「おかゆが炊けちゃった!どうすればいいのっ!」、とか、「変圧器を使いなさい」と言っているのに使わず使用して壊してしまった、というような相談のメールが、売り手である知人のもとへよく入るとのこと。
「日本製はダマさない」という、この日本製品への信仰がいつまで続くのか、かなり心配なところではありますが、まだ当分は続くのではないだろうか、というのが大方の見方らしいです。
 
 とにかく高度成長からバブルの頃の日本を思い返せば、物に対して日本人もハイテンション過ぎて、弾けた後はこの通りです(中国バブルがはじけるとか、そういう経済の話ではなく、「心持ち」の話であります)。もう物がありすぎて「ミニマリストへ」という時代。
 
 写真の1階部分は海外からの輸入品の店舗。「雪肌精」や健康食品などが置かれている。これらを目にしている消費者たちが(現地では関税や仲買料などが上乗せされた値段なので高値:生産が他の地域の場合はまた別ルートがあるんではないかと思われますが)、来日して爆買いしてくれる。だから思わず、輸入業者さんには感謝!(←…)という気になってしまいます。

 
| - | 22:40 | comments(0) | - | このページのトップへ
コメントする